28

ワインライトでハッピーな一夜

LIVE報告 comment6 trackback(-)
毎度ご報告が遅くてすまんです。

26日、武蔵新田ワインライトでのライヴ、楽しく歌わせていただきました。

お越しいただいた皆様にはこの場をお借りして心からお礼申し上げます。

今回のメンバーはギターで杉山さんとたかさん、ベースで岡崎ちゃまにコーラスでだいちゃんとくにちゃんが参加してくれて総勢6名。
カホーンかずみんはいまだ手の負傷でかけられたドクターストップが解除されず不参加なり。
残念。

DSCN8005.jpg

今回もいつもと同じ2部構成。
杉山さんはスケジュールの都合上、2部からの参加予定だった。

セットリスト(曲順)を決めた時、1部の最後の曲が『去年の夏』という曲だった。
それを杉山さんにインフォメーションしたら「俺、この曲弾きたいな~。」と言い出した。
この曲はいつも杉山さんがギターソロを弾くのだ。

それで1度は「じゃあ曲順変えようか?」という話が持ち上がったが…

す 「いや、ちょっと待って。1部って何時頃まで演奏してたっけ?」
私 「だいたい20:00ちょっと前に1部が終わる感じだったと思うけど…」

す 「え~と…何時に会社を出てそこから何分かかって…。あ、もしかしたらその曲、間に合うかもしれない。」
私 「じゃあさ、間に合ったら弾くってのはどう?」

す 「ステージの途中から!?」
私 「いいじゃん。演奏中についたら、何食わぬ顔してつかつか入ってきてさ、歌ってる私の前を通り過ぎて、横でカバン置いてマフラー取って、コート脱いでおもむろに弾きだすっての、どう!?当たり前のように、何事もなかったかのように。」

す 「皆が飲んだり食べたりしながら聴いてる目の前で!?あははは~!!いいの!?」
私 「いいよ。」

私達はこの話題でかなり盛り上がり、おなかを抱えて笑った。

そして本番。

杉山さんからは当日、「会社を抜けるのが遅くなりそうなので1部は完璧に間に合わないと思う。」との連絡があった。
やがて本番が始まりステージは進み、最後の曲が始まった。

ワインライトはガラス張りのお店だ。
歌っていても外が見える。

“やっぱり間に合わないか…”

と…

あれ!?
駅のほうから走ってくる人がいる。

杉山さんだ!!
早く!!ギターソロが始まっちゃう!!

そして杉山さんはワインライトの扉を開き、一呼吸置いてから客席のど真ん中を進み、歌っている私の前を横切って、カバンを置き、ギターを持っておもむろに弾き始めた。
ギターソロ by 杉山弘幸。

なんというタイミング。
この男。
なにか持ってます。

そしてそして…。

私がライヴで時々歌っている『船はうたう』という曲がある。
この曲は杉山さんが曲を書いて奥様が詩を乗せている。
1997年の『NHKみんなの歌』で流れていた曲だ。

1997年にこの歌を歌っていたのが今回初参加のだいちゃん。
今回はこの曲を、だいちゃんと一緒に歌うことが出来た。
オリジナルの方との共演はたまらないひととき。

だいちゃんにも数曲歌ってもらったんだけど、彼の書いた曲に一目惚れした。

『現れて笑って』。

だいちゃんに懇願してお許しが出たから今度歌わせていただきたいと思う。


 HOME