29

声帯復活

日記 comment6 trackback(-)
お医者に行ってきた。

その後の声帯の調子を見て頂こうと思って。
7月11日のライヴはなんとか乗り切ったのだが、やっぱり治りきる前に使ったのが良くなかったらしく再び調子を崩していたからだ。

今度こそ完治させようと思っていたので前回のライヴ以来、極力喉を使わないように心掛けていた。
しかし歌えないとなると歌いたくなるものなんですな。
初めて知った。

ひとりで車を運転している時、たいがい車中はスタジオと化す。
しかし今回は歌いたくても歌えない。
こみ上げるなにかを消化できない辛さ。
今まで歌うことを我慢したことなどないので初めて経験する試練に苦戦した。

さすがに歌わないようにしているのに知らず知らず声が出ていた時にはびっくりしたな。
一年前の今頃はまた再び歌うことになるなんてまったく考えてなかったのに。

今までも歌うことは大好きだった。
でもカラオケ好きの人なんかと同じくらいのレベルの「好き」なのかな、くらいに思っていた。
しかし今回、歌が自分の一部であることを知った。
自分がこんなに歌うことが好きだったと思っていなかったし、歌うことでいろんなことを消化しているのだということにも初めて気づいて驚いた。

先生の診断によると声帯の炎症は落ち着いた、とのこと。
でも周囲の炎症が少し残っているらしい。
声を出すのは解禁になったのでひとまずホッと一息。

今まで気づかなかったことを気づかせるために、神様が一時的に声が出ないように仕向けられたのだろうか。
なぁんてね。

今まで特別声帯のケアなんてしてこなかったけど、有難味がわかったところでこれからはもうちょっと大切にしていこうと思う。

明日はLIVE。
声帯回復…感謝します。

***************************************************************

【次回LIVE】

次回LIVEについて、charge、LIVE後のお食事TIMEに一部訂正箇所があります。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。


7月30日(土)国立ビストロ プルミエ
国立市北1-2-16
tel:042-573-2626

open15:30 start16:00
すべての出演者の演奏終了後、お食事(コース)TIMEになります。
お食事(コース)TIMEへの参加は自由ですのでお気軽にどうぞ。

【charge】
Liveのみの方は\1,500(1ドリンク付)
お食事(コース)TIMEまで参加される方は\4,000(1ドリンク付)です。



 HOME