08

にいやんさんへ愛を込めて

LIVE報告 comment0 trackback(-)
にいやんさん。

CIMG9447.jpg

にいやんさんが行ってしまう。
「親が高齢だからさ〜。職場も定年になったし実家の農家手伝おうと思って。」

にいやんさんが行ってしまう。
ライブをやりたくてもメンバーが見つからなくて困っていたあの頃。

ぐっさんや…

CIMG94632.jpg

やまちゃんや…

CIMG9537.jpg

がぁこさんに…

CIMG9488.jpg

ネイサン山田さん…

CIMG9481.jpg

そしてブンブン…

CIMG9479.jpg

田中さん…

CIMG9426.jpg

あの頃私を助けてくれたメンバーはみ〜んな、にいやんさんが声を掛けてくれて集まってくれた人達だった。

そのにいやんさんが行ってしまう。
そして開かれた「にいやんさんを送るライブ」at『大森 風に吹かれて』。

たくさんたくさん、人が集まったこの日。
ホント、お人柄ですなぁ。

CIMG9389.jpg

CIMG9497.jpg

CIMG9445.jpg

私も久しぶりのメンバーと一緒に歌わせていただきましたよ。
懐かしくて幸せなひとときでした。

CIMG9410.jpg

さりげなくて暖かい人だった。
「やろ〜ぜっ」
の一言でメンバーを集めてくれて、あの曲もこの曲も譜面起こしをしてくれた。

お酒が好きで、飲むとすぐに顔が真っ赤っかになっちゃって、そのうちグーグー寝ちゃう。
ギターが専門だけど時々ドラムも叩いちゃったりなんかして。

CIMG9460.jpg

あれ、写真が横倒し。

にいやんさんが行ってしまう。
ご実家は九州だってことだからそうそう簡単には戻ってこれまい。

ご家族は一緒に…行かないらしい。
ご家族が住んでる東京に、時々戻って来るらしい。

とりあえず5月の頭に『大森 風に吹かれて』でライブを予定しているらしい。
その後も友人のライブ、BDライブ…とかで7月頃までスケジュールがあるらしい。

にいやんさんが行って…
けっこう時々戻ってくるらしい。

CIMG9394.jpg

送別会ライブは大盛況だったが…
割とちょいちょい会えるかもしれないらしい。

えへへ。
私はけっこう、嬉しいらしい。

CIMG9432.jpg

*********

【LIVE SCHEDULE】

今のところ、次回のライブスケジュールはブッキングできておりましぇんが、次のブッキングに向けて頑張りますよ。
どうか待っていておくんなまし。


15

ラストワインライト

LIVE報告 comment0 trackback(-)
毎度のことながら…。
熱り(ほとぼり)が冷めた頃にブログアップする私。

どういうわけか、新しい写真がアップできず困り果てました。
今日のところは写真なしでのアップをお許しくださいませ。
問題解決できましたら後日更新させていただきます。

↑解決しましたので以下写真入りでど〜ぞ!

*********

12月4日(日)
武蔵新田ワインライト、最後の営業日。
ここで最後のワンマンライブ。
マスター夫妻、でぇぱぁず、PAアシスト、そしてご来場くださいましたみなさんのおかげで楽しく思いっきり盛り上がった一夜deございましたよ。

今回のサポートは『でぇぱぁず』より、まどかとしげちゃん。
素晴らしいひとときを一緒に作ってくれてありがとね。
CIMG9035.jpg
マスター夫妻とのお付き合いは7年目に突入。
ここでは書ききれない程たくさんお世話になりました。

いつも笑顔で「いらっしゃい」と迎えてくれる言葉が「おかえり〜」に変わったのはいつの頃からだったか。
10年間のブランクを経て再び歌い始めた時「歌う場所が必要でしょ。うちを使っていいよ。」と声を掛けてくれた。
マスターが私を誰かに紹介する時はいつも「彼女歌手なんだよ、うちの専属の。」と言ってくれた。
いろんなことが思い出される。
たくさんたくさんの思いを込めて、私にできることは心を込めて歌わせていただくことだけでした。
CIMG9044_2.jpg
マスター夫妻との関係はもちろんこれからも続いていくのだけど、お店はこの日で終わり。
最後の営業日ですから。
ライブ終了後は入りきれなかった常連さん達がぞくぞくと詰めかけお店は大混雑。
拠り所にしていた人が多かったですから。
あちらこちらで閉店を惜しんで涙、涙。

そしてあちらこちらで記念撮影の嵐。

例外なく私もマスター夫妻とお店の前で記念撮影させていただいたのですがね。
気付くと閉店を惜しんで涙しながら抱き合う男女が後ろに…。
ちょっと面白いワンショットだったので載っけちゃいます。(ご本人了承済みです)
CIMG9114_2.jpg
あったかくて優しくて、大好きなこの場所。
ずっとずっと、心の中で輝き続けるこの場所。

言葉に尽くせない心を込めて。
ありがとうございました。
そして32年間、本当にお疲れさまでした。
CIMG9139.jpg

*****

【LIVE SCHEDULE】

今のところ、次回のライブスケジュールはブッキングできておりましぇんが、次のブッキングに向けて頑張りますよ。

どうか待っていておくんなまし。
CIMG8551.jpg
18

フェスタでしたよ

LIVE報告 comment0 trackback(-)
『OTAふれあいフェスタ』
あれからそろそろ一週間が経ってしまいそうな今日この頃。

前日までの寒さ一転。
みなさんの日頃の行いですかね。
ありがたく気持ちいい秋晴れの中、歌ってきましたよ。

フェスタ1日目は私が暮らす大田区と東松島市の仲間達で構成されたバンドで出演。
CIMG8969.jpg
かねてより「いつかコラボレーションしたいね~」なんて話していたので、今回実現できて嬉しさ倍増。
始まってしまうとあっという間の4曲は楽しく盛り上がったのでした。

そうそう、このたび大田区と東松島市は友好都市になりまして、この日は調印式もあったと聞いています。
震災をきっかけにした『縁』。
そこから続いた民間の交流が、こんなふうに発展することもあるんですな。
『縁』ってものはどこでどう繋がり発展していくか分からないだけに、ひとつひとつの出逢いを、『縁』を、大切にしていきたいと改めて感じてしまいましたよ。

そしてフェスタ2日目は『怜良』として同じステージに立たせていただきました。
気付けば『怜良』としてのライブは7月の鎌倉cocomoさん以来だったんだわ。

きゃっほ〜♪

この日は『でぇぱぁず』より、まどかとしげちゃんがサポートしてくれてのトリオ出演。
こちらも始まってしまうとあっという間。
5曲用意していたけれど、本当にあっという間のひとときでした。
CIMG9018_2.jpg
しばしの間、耳を傾けて下さったみなさまに感謝deございます。
客席の日差しが強そうで、みなさんちょっと暑かったのでは…!?
ステージの上だけ屋根があってなんだか申し訳なかったなぁ。

そしてこの日はこのステージを降りた後、荷物をまとめてすぐにお隣の会場へ。
フェスタは会場が広く、他にもステージがあるんです。

というわけで。

移動した先では1日目に一緒にステージに立った大田区&東松島市のコラボバンドが再びステージに立ってまして、私も仲間に入れていただきましたよ。
IMG_4522a_2.jpg
2日間に立て続けの3ステージ。
たくさんの久しぶりのお友達に会えたこともあって、ヒジョ〜に充実&濃い2日間でした。

感謝、感謝。
CIMG9021.jpg

*******

【LIVE SCHEDULE】

12月4日(日)武蔵新田ワインライト
『閉店ライブ』
Open:17:30 Start:19:00
Charge:¥2,000(1drink込)
追加ドリンク・お料理は別料金になります。
キャンセル料はかかりませんが、他のお客様へのお席ご用意の都合上、お早めのご連絡をお願い致します。

営業最終日ということもあり、混雑が予想されます。
誠に勝手ながらお席のご案内はご予約のお客様を優先とさせていただきますので何卒ご了承くださいませ。

この日は怜良サポートバンド『でぇぱぁず』より、G.まどか、G.しげちゃん、がサポートしてくれます。
トリオで出演deございますよ。
みなさまのお越しを心よりお待ちしています。

【ご予約はこちら】
武蔵新田『ワインライト』
http://musashinitta.com/shop/238rc.php
大田区矢口1-13-10
tel:03-3758-5977

もちろんあたくし怜良~Ley-ra~に直接お申し込みもOKでございます!

また、ライブ終了後は通常営業となりますので、遅い時間帯でも「マスター夫妻に会いた~い!」という方のご来場も大歓迎です。

最後の営業日。
店の在庫を食べ尽くし、そして飲み尽くすべしっ!!!!!
image1.jpg
04

Over the Rainbow

LIVE報告 comment0 trackback(-)
こないだの週末のお話です。
あたくし、鎌倉にあるステキな場所で歌わせていただいちゃってました。

由比ケ浜を目の前に見る絶好のロケーション『Cocomo』。
CIMG8692.jpg
お友達のソムリエさん開催のワイン会にコラボレーションさせていただいちゃいましたよ。
ステキなワインがたくさん、おいしいお料理もたくさん。
そしてステージをサポートしてくれたメンバーはお馴染みになりました『でぇぱぁず』の3人。
チョロっとスコールみたいなのがあったけど、基本的にはお天気に恵まれちゃってありがたかったのね。
ほれこの通り。
道路の向こうは海ですよ。
CIMG8691.jpg
しげちゃん「やっぱり日光を浴びないとですよね〜♪光合成、光合成♪」
と、わざわざ炎天下でぽぇ〜としておりますが…
君は光合成するのか!?

写真見てても暑さが伝わってきちゃうくらいだけど、ず〜っとそこでまどろんでてホントに大丈夫なの???
(↑結果、問題なかったようで☆)

この日は2ステージ、全15曲。
前々回のブログで紹介したエフェクターだって…
えっへん!ちゃんと活躍しましたよ。
CIMG8705_2.jpg
お声掛けくださいました肇さん、『Cocomo』さん、最高の時間を一緒に過ごすことのできたみなさま、そしていつも私を支えてくれる『でぇぱぁず』のメンバーに、改めて感謝なのdeございます。

この日、『Over the Rainbow』というあまりにも有名な1曲をカヴァーしましたが…。
ワイン会が終わり会場を後にする頃、海の向こうにそれはそれはみごとな虹が掛かったのdeございます。

〜And the dreams that you dare to dream
Really do come true
〜
そう、信じた夢は…

現実になるんだよ。

大きな誰かが背中を押してくれるような、そんな気持ちになったひとときなのでした。


*****

【LIVE SCHEDULE】

今のところ、次回のライブスケジュールはブッキングできておりましぇんが、次のブッキングに向けて頑張りますよ。

どうか待っていておくんなまし。
CIMG8551.jpg



14

とっておきの余韻

LIVE報告 comment0 trackback(-)
今年も行ってきましたよ。
『とっておきの音楽祭in東松島』
CIMG8467.jpg
夜中の暗いうちに出発し、『でぇぱぁず』のメンバーと一緒に東北道を北上。
そしてam9:30に現地入り。

到着すると、前日から会場入りしていた大田区ボランティアの仲間達があちこちでお手伝いしていた。
私をこの地へ繋いでくれた青いTシャツが行き来する。

前日までお天気がご機嫌ななめだったようだけど、当日は快晴。
今回もお天気の神様が微笑んでくださいましたよ。

JR矢本駅周辺は交通規制が敷かれて歩行者天国になっていて、子供達のパレードからイベントがスタートするのです。
まぁ〜可愛らしいことったら。

そして8カ所に設けられたステージで音楽が響き始める。
わくわくがむくむく。

自分の出演の合間を縫いながら、あっちの会場こっちの会場をウロウロしていると知った顔に出くわす。
「あ〜!」
と再会を喜ぶ瞬間の幸せね。
思わず抱き合っちゃったりなんかして。
そんなふうに再会を喜び合える顔が、今年はまた増えたように感じた。

今回私達が歌わせていただいたのは路上ステージ。
あぁ、開放感。
CIMG8551.jpg
みなさん歌に合わせて手を振ってくれちゃったりなんかして。
こういう一体感はたまらんです。
もう、思いっきり楽しませていただいちゃいましたよ。

どれくらい楽しんだかって!?
そりゃこの顔を見ていただければおわかりでShow♪
CIMG8649_2.jpg
そしてこの人、イチローさん。
この人を紹介しないと!ですよ。

今年もやってくれちゃいました。
CIMG8651_2.jpg
東京都大田区から宮城県東松島まで約500km。
今年も5日間かけて走り通し、『とっておきの音楽祭』当日に会場へゴール。
途中、福島など被災地を通過しながら現在の状況をFBでアップしてくれました。

『昨年まで津波の傷痕が生々しく残っていた北茨城の海岸沿いがすっかりキレイになっていた』
とか、
『原発のある大熊町など帰還困難区域では未だバリケードだらけ』
とか、
『福島の海岸線で歩道の脇の土手に、たくさん桜の植樹があった』
とか…。

貴重な現状を知らせてくれてありがとうございました。
走行時間トータル60時間の偉業。
そんなにたくさん走った後なのに、ゴールは笑顔。
この人はいつもこうなんだ。
イチローさんの姿を見ていると、自分の奥の方からなにやら力が湧いてくる。

東京へ戻る時、まっすぐ高速へは向かわずしばらく海岸線を走った。
久しぶりに訪れる東名、野蒜地区。
まばらになってしまったままの民家。
なくなった家の区画は空き地のままで草が繁っている所が多かった。

海に近い辺りはどこも工事中、土が高く盛られていた。
復興は『ここまで進んだ』のか、『まだこれしか…』なのか。

失われたもの。
残っているもの。

終わったこと。
続いていること。

過ぎていく年月。
止まったままの時間。

みんな闘っている。
どう生きるか。

流れる時間の中で、人と人とが出逢う奇跡は素晴らしい。

会いたい顔がたくさんあるこの場所に、今年も来れたことに感謝。
念願のおのくんの里親にもなれたことですしね。
ほら、我が家のW・タイガーさんともすぐに仲良しになったようでなによりですよ。
CIMG8670.jpg
最後になりましたが、『とっておきの音楽祭』実行委員のみなさま、『縁』プロジェクトの仲間、『でぇぱぁず』、そしてステージを共に過ごしてくださったみなさんに感謝、感謝。
CIMG8573_2.jpg
しかしまぁ、本当にいいお天気だったもんだから、あっという間にうなじやら肩やらがヒリヒリと…。
日焼け止めの力及ばず、タンクトップの跡がくっきりと。
これもひとつの勲章ですな。
CIMG8658_2.jpg
日焼けの火照りが後を引くように、胸の高鳴りもまだここに。
余韻を楽しんでいる、今日この頃なのでした。
CIMG8689.jpg
素晴らしい1日に、感謝。
幸せな1日をお過ごしください。


 HOME