09

松子の里帰り

東日本大震災で流されてしまった松林を再生したい。
ということで、縁プロジェクトの仲間と一緒に松を育てて植樹しています。

「松ぼっくりの里帰り大作戦」。

被災地の近くで流されずに残った松の松ぼっくりから種を取り出し、発芽させ、数年間育ててから被災地へ里帰りさせます。
私が育てた松子も初代が2年前に里帰り。
先日はその松子達のお手入れに参加させていただきました。

2018061615350001.jpg

里帰りさせた時は10〜15cmくらいに成長していた松子達。
今回は栄養が十分届くように松子の周りの雑草を抜いてきました。

2018061616460000.jpg

やっとここまで大きくなりました。
2年かかって膝丈くらい。
大木になるのにあとどれくらいかかるのかな。
そしてまた、我が家では2代目、3代目松子達が里帰り目指して頑張ってます。

2018062708590000.jpg

なんてことをアップしようと思っていた矢先。
同じ日本の違う場所では雨がたくさん降りすぎて…。

どうかこれ以上、被害が広がりませんように。
被災された方達が1日でも早く日常を取り戻すことができますように。

今度の週末は宮城県東松島市の「とっておきの音楽祭」で歌います。

https://www.walkerplus.com/event/ar0204e301326/
21

続・1人酔い

日記 comment0 trackback(-)
えっへっへ〜
リクエストに応えてアップします。

先日は開けたグラッパをりんごのガラスが浮かぶグラスでいただきました。
今夜はガラスの葡萄が浮かぶグラスでいただきます。

2018062123330001_2018062123472548c.jpg

ん〜!
やっぱり…うまし!


17

音楽の祭日2018

LIVE報告 comment0 trackback(-)
今日を挟んで前後数日間、天気予報は全〜部雨マーク。
そう、今日を除いては。

おかげさまで無事に歌ってこれましたよ。
蒲田駅東口ロータリー。
きゃっほ〜!

神様、大好き。

一緒にステージに立ってくれた洋さん、スタッフの皆様、そしてお越し下さった方、通りすがりに足を止めてくださった方、みんなみんなありがとうございました。

幸せな1日に、乾杯!

35493986_1724234421016853_321472860382035968_n.jpg

12

1人酔い

日記 comment0 trackback(-)
だいぶ前に入手したグラッパを開けてみた。
ボトルの中では両手を広げた人が地球に乗って立っています。
ステキ。

2018061202110000.jpg

そのグラッパを、りんごのガラスが浮かぶグラスでいただく…
1人良い気分の夜。

2018061202100001.jpg

ん〜!
うまし!!
29

7回目の『絆』

未分類 comment0 trackback(-)
先週末の第7回『絆』音楽祭。
東日本大震災をきっかけに始まった音楽祭は無事に終了しましたよ。

今回、私の心を大きく揺さぶったのは、震災当時小学6年生だった女の子2人による講義。
現在高校生に成長した2人は、大勢の人が避難した体育館に津波が押し寄せ、おびただしい数の犠牲者が出たあの野蒜小学校体育館の津波の中から生還した経験を持つ女の子達だった。

震災当日、避難した人々でぎゅうぎゅう詰めの体育館に津波の水が入り、かなり上の方まで水位が上がり、そして水が掃け、おびただしい数の遺体の中で家族や兄弟を探したその一部始終を、どのような様子だったのか、どのようにして生還したのかを、時に笑顔を見せながら力強く克明に語る姿があまりにも勇敢で、私は心が震えた。
彼女たちはまだ高校生なのに、まるで国際会議の講義を聞いているかのような錯覚に陥るほど人として大きかった。

「私たちは可哀想だと思って欲しいと思っていません。」
「今日は2人だけですが、仲間は他にもいるんです。こうして語り継ぐことが誰かの役に立つのなら、私たちはどこへでも行きます。」

どれだけ思い描いても理解できないほどの壮絶な状況を乗り越えた命。
彼女たちがここにたどり着くまでにどれほどのものを乗り越えてきたのか。
想像を絶する苦しみを越え、人はこれほどに成長できるものなのか。
大衆を前に語る姿は強烈に輝いていた。

心から、敬意を表したい。

震災のあった年、私はその体育館を訪れている。
そこには津波が押し寄せ、水が体育館のかなり上の方まで上がっていった跡が壁に生々しく残されていた。

私はこの日初めて会ったにも関わらず、日本にこのような勇敢な若者がいることを誇らしく思った。
そしてこの素晴らしい講義をもっとたくさんの人に聞いて欲しいと強く願う。

あの日、確かにあれは起きた。
私は忘れたくない。

20180526_Kizuna01.jpg
 HOME